とうふの種類

とうふに含まれる成分や、とうふを取り巻く様々な食品について解説します

木綿とうふと絹ごしとうふ

木綿とうふは木綿で、絹ごしとうふは絹の布でこしていると思っている方、結構多いのではないでしょうか?

とうふは、豆乳ににがりを打って寄せたものを、布を敷いた穴あきの型に移し、重しをかけて余分な水抜きをします。

このとき型に敷いた布が、木綿だったことが木綿とうふの名前の由来といわれることもありますが、定かではありません。

また、絹ごしは穴のない型に直に豆乳とにがりを入れ、水抜きをしないで固めます。

布は敷きません。

絹ごしの名の由来は、絹のようにすべすべとした質感と、なめらかな口当たりからきているのです。